25日目 トゥール→パリ(土産物)

6月19日

今日は朝からパリへ移動。トゥールは治安も良く、過ごしやすかった。これは駅裏の歩道橋、シンプルで合理的だかオシャレ。

f:id:anakin-no-touchan:20170620130618j:image

今回の移動もバスを使う。早速席を確認すると窓側で、ラッキー。と思ったら、先に女性が座っている。。。最後の移動の横の席が小柄な上品そうな女性で良かった。

と言ってもおばあちゃんだけど。。。

しばらくして、隣のおばあちゃんが空いている2掛けの席に移動したので、2席分使えるので快適。やはりフランスは農業大国だ。どこに言っても畑が多い。これだけ雨が降らなければ水やりたいへんだなぁ。

f:id:anakin-no-touchan:20170620130637j:image

パリは5日前にも来てたので特に戸惑うこともなく、ホテルに到着。チェックイン時間の1時間以上前だが既に部屋の準備ができているとのことで、入れてもらえた。最上階。屋根裏部屋?

 f:id:anakin-no-touchan:20170620130647j:image

荷物をおろして土産物を買いに出発。この時のために、毎日違うお菓子を食べていたので、チョコとクッキーは即決。しかし重たい。一旦ホテルに帰って再度出発。買うものは無いがラファイエットに行ってみた。中国のすごさを感じた。圧倒的に中国人が多い。先週もそうであったがパリは中国人が多い。儲かってるんだなぁ。。。

f:id:anakin-no-touchan:20170620130742j:image

儲かっていない小生は、直ぐにラファイエットを後にしワインを買いにワインcave LAVINIAに。今回は買う気に満々。店員に好みと値段を伝えて相談。サンテミリオンのグラン・クリュを出してきた。提案してもらったものを試飲させてもらったが美味しさがよくわからない。。。いかにも分かりやすいブランドを出してきてあしらわれているかんじがしたので、違うといってもうひとつ試飲。やはりピンとこない。バカ舌のせいかも。。。希望の額も高くなかったので、直ぐに店員も離れていってしまった。2件目、こちらが本命の店AUGE。これまで試飲しても良くわからなかったので、いわれるがまま購入。重たいので再びホテルへ。ホテルが近いと助かる。

マドレーヌ教会とバレガルニエ。でかい。

f:id:anakin-no-touchan:20170620131356j:imagef:id:anakin-no-touchan:20170620131502j:image

路上の電気スタンド

f:id:anakin-no-touchan:20170620131553j:image

あとはマカロンのみ。フォションなど有名店にいくつか行ってみたが、要冷蔵とのこと。ネットで調べたが、買わない方が良さそうなので断念。代わりのみやげを買って、再びラファイエットへ。今日は最後の夜なので外食のためラファイエットのフードコーナーで食事。と思ったら!

 f:id:anakin-no-touchan:20170620130812j:image

6時半なのにもうしまっていた。。。本日はキッチンもないので一番高級なサラダを買ってビールで乾杯!

 f:id:anakin-no-touchan:20170620130800j:image

フィンランド航空の預けれる荷物は一つなのですべて入れなければ。。。

 

最後にパリの好きになれないところを分析してみた。

・クルマが多くてマナーが悪い。後進国並み。信号無視もするので勇気が無いと渡れない。

・交差点はロータリーに信号機をつけたものなので、直進するだけで4個も5個も信号を渡らなければいけない。

・クラクションやブレーキ音がうるさい。

・物乞いが多い。路上や地下鉄など。

・トイレが無い。

・ゴミが多い。これはフランスどこも同じかも。

・物が高い。

・観光客が多く、どこがフランスの文化なのか分かりにくい。