10日目 リヨン

6月4日

今日はアヴィニョンからリヨンへ移動。天気のせいかこちらは少し寒く上着を羽織る必要がある。リヨンで、半日あるが予定は特に決めていない。フルヴィエールの夜と言う祭をやっているみたいだが、初めての街で晩遅くに出歩くのも怖いし、フランス語のコンサートを見ても楽しめる自信が無いので、今回は行かない。
まずは荷物を宿に預け、明日のバス停を確認しに行ったが、ここで大変な事実を知った。チケットはベラーシュ駅出発のものでは無かった。。。間違った。至急ネットで変更できるか確認しようと思ったがネットが繋がらない。駅のインフォメーションを探したが、日曜日のせいか、どこも閉まっている。駅のバス停に行けば誰かいるかも知れないと思い行って見た。バス会社の人がいたので尋ねて見た。空港まで行って乗れば良いとのアドバイス。変更したければ電話で確認することを勧められた。しかし、日本からもって行ってるケイタイから電話するやり方が分からない。そのままかけるとフランス語で「このでんわは現在使われておりません」のようなことを言っている。ネットも繋がらないので調べることもできない。おまけに、maps.me もこの地方のデータをダウンロードしていないのでツーリストインフォメーションの場所も分からない。。。地球の歩き方を熟読すると、ツーリストインフォメーションの場所がわかった。取り敢えず向かいそこで、空港までの行き方を教えてもらった。4,50分で行けることが分かったので、ひとまず落ち着いた。f:id:anakin-no-touchan:20170605044858j:image
ようやくリヨン観光開始。先ずはフルヴィエールの丘に上がり有名なノートルダムドフルヴィエールという大聖堂に行って見た。凄い立派だった。景色も素晴らしい。f:id:anakin-no-touchan:20170605044913j:imagef:id:anakin-no-touchan:20170605044923j:image

隣のローマ時代の劇場も行って見た。コンサートをやる準備が整っていた。オランジュなどでも遺跡を利用したコンサートのことが書いてあったが、実際に準備が完了しているものを見るのは初めて。遺跡の中でコンサートとはとても贅沢な企画だ。フランス人というのは、遊びかたを良く知っている。遺跡の中でお昼寝している人もいる。少し安心して眠たくなってきたが、寝る勇気は無いので歩くことにした。

f:id:anakin-no-touchan:20170605045049j:image

この辺でwifiも繋がるようになったのでバスの変更方法を調べた。30分前までは可能なようだが、ベラージュ発の手頃な時間帯のバスが無い事が分かったので、空港から乗ることに決めた。
頑張ったご褒美に、店に入って昼飯を食べることにした、が、どこも高い。決心して入って見ると、昼食と晩の間で休み中とのこと。。。しばらく散策するとすでに6時。

f:id:anakin-no-touchan:20170605045138j:imagef:id:anakin-no-touchan:20170605045148j:image

ホテルに戻ることにした。晩御飯はまたマクドとサラダ。今日は何も新しい経験をしてなく悔しいので、マカロンをつけて見た。YouTube でお笑いを見ながらビールを飲んで本日は終了。f:id:anakin-no-touchan:20170605045212j:imagef:id:anakin-no-touchan:20170605045213j:image

おまけ。お金を入れると開く仕組みのトイレ。トイレに行くのにお金を取るので街の所々小便くさい。f:id:anakin-no-touchan:20170605045455j:image